防犯性の高いガラスを取り付けるメリット

security_prevention
防犯性の高いガラスを取り付けるメリットについて考えてみたいと思います。まずは、近年多いとされている空き巣の侵入手口の中には、リビングやお風呂・勝手口の窓ガラスに付いているクレセント錠付近のガラスだけを割って侵入するという、所謂ガラス破りという侵入手口があります。この手口の前には、ピッキングに対抗できるような防犯性能の高い錠前とされるディンプルシリンダーを取り付けた錠前であっても、太刀打ちすることは不可能でしょうね。しかも、一戸建てのお家に侵入する手口の半数以上の割合を、この窓のガラス破りという手口が占めているといわれています。

一方空き巣がお家に侵入する場合には、できるだけ侵入する際に時間を掛けないという特徴も持っています。従って、侵入するのに5分以上掛かるようなお家は避けるようなのです。そうしたことからも、ガラスが割れにくいような材質であったり、万が一割れた場合にも大きな音のするガラスが、最も空き巣対策に向いているガラスということにもなります。

そうした機能を併せ持ったガラスが、防犯ガラスといわれているガラスになります。それでは、一般の窓ガラスに比べるとどのような構造的な違いがあるのかと申しますと、防犯ガラスの場合、2枚の板ガラスの間にポリオカーボネート製の薄い中間膜が挟み込まれているのです。その厚みは、コンマ8ミリや1.5ミリなど製品による多少の違いがあります。もちろん、中間膜の材質や厚みについても各メーカーにより多少の違いがあるでしょうね。そうした特殊化工の施された窓ガラスが防犯ガラスでもあるので、一般の窓ガラスとの大きな違いは割れにくさにあります。一般の窓ガラスに比べるとバールで叩き割ろうとしても、とにかく割れにくいのです。しかも、バールで叩き割ろうとしたら大きな音がします。もちろん、叩き割るような衝撃を窓ガラスに加えないと、当然のことながらビクともしないでしょうね。