他人の家の窓ガラスを割った時の弁償額はどれくらい?

broken_window
自分の家ではなく他人の家の窓ガラスを割ってしまうケースが時々見受けられます。これはお子さんがトラブルを起こすケースが多く、割ってしまったガラスの弁償代金をその親が支払うことになります。

故意ではなかったにしても、自分の子供が窓ガラスを割ってしまったときはできるだけ速やかに窓ガラスを割ってしまったお宅に伺って、謝罪をすることです。そしていかなる理由があったにしてもガラス代金の弁償を申し出るようにします。

謝罪の気持ちを表すために手ぶらで出かけるのではなく、菓子折りをお持ちして謝ると相手への心象も悪くなくなります。

弁償代金ですがこれは基本的にはガラスの交換代金を支払えば十分だと考えられます。もしもガラスが割れてしまったことでその場にいた誰かがケガをしてしまった場合は、ケガの治療費の支払いについても申し出る必要があるでしょう。

ガラスの弁償費用ですがガラスの種類や大きさによって異なります。最近は高機能ガラスを付けている家庭も多いため、場合によっては弁諸金額が高額になる可能性もあります。

窓ガラスを割られてしまったお宅も窓ガラスがないと不便ですから、早急にガラスを入れてくれる業者を探すことになります。業者によって入れ替えるガラスの価格が高額であったり、出張費や時間外サービス手数料などが徴収されてしまい、通常よりも弁償代金が高くなることもあります。

ガラスを入れてもらったら後日請求書を見せて頂いて、早急にその代金を支払うようにします。

またお子さんが窓ガラスを割ってしまった場合、こども保険に加入していると保険金支払いの対象となることがあります。もしもこども保険に加入している場合は、保険会社に問い合わせてみましょう。